MooCowフラバールheader

MooCowフラバール

もうルールで迷わない!
フラバールバレーがさらに楽しくなる方法

フラバールにもタッチネットは適用!?審判にも役立つ!

正式な表記は「ふらば〜る」ですが、本記事では「フラバール」と表記します。

フラバールにもタッチネットがあるって知っていましたか?

ネットに触ったらとにかくタッチネットだ!と思っている方も多いと思いますが、実は違います。

本記事では、そんなタッチネットについてご紹介します。

フラバールにもタッチネットがある!

フラバールは、基本的に6人制バレーボールと同じルールの部分が多いので、タッチネットもあります。

タッチネットとは?

タッチネットとは、プレイ中にネットに体が触れてしまうととられる反則です。

どこに触れたらタッチネット?

アンテナからアンテナまでの間のネットに触れるとタッチネットになります。

タッチネットしやすい時

フラバールの場合、ブロックはないので注意すべきはアタックの時です。

助走で勢いをつけすぎてアタックの時に止まれず、ネットに触れてしまい、タッチネットになることが多いです。

あとは、ネット近くのボールをアタックしようと思ってそのままネットに触れてしまう場合もあります。

原因と対応策

原因:前にジャンプしている

助走で踏み切る際に、ブレーキがかけられていないことが原因です。

助走で最後に踏み切る足が内側を向いていないため、ブレーキがかからずに前に飛んでしまいます。

解決策:ジャンプのフォームをひたすら練習

正しいジャンプの方法を練習します。

理想は、構え位置から踏み切りの位置まで、重心を落とした時の腰の位置を直線的に保ったまま移動させて沈み込み、そのまま上にジャンプすることです。

ジャンプするとき、一旦腕の振り上げに伴う上半身の反りと伸びを使い、空中でさらにもう一度伸び上がるように練習します。

タッチネットにならない場合

ネットに触れてしまってもタッチネットにならない場合が2つあります。

1つ目:ネットを当てられた場合

どういうことかというと、相手のアタックがネットに当たった際にその反動でネットに触れてしまった場合、これはタッチネットにはなりません。

2つ目:髪の毛や服が触れた場合

故意でなければ、髪の毛や服がネットに触れてしまってもタッチネットにはなりません。

まとめ

今回は、タッチネットについてご紹介しました。

  • アンテナとアンテナの間のネットに触ってはいけない
  • アタックするときのタッチネットに注意
  • 前にジャンプしている場合は、踏み切る足を内側に向けて上にジャンプする
  • 反動等でネットが当たってしまった場合は、タッチネットにならない
  • 意図せず、髪や服がネットに触れた場合はタッチネットにならない

上記がタッチネットのポイントです。

プレー中にネットに触らないようにするのはもちろんですが、審判をやる際に注意が必要です。

タッチネットになる場合とならない場合をよく理解して正しいジャッジをできるようにしましょう。

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。

よく読まれている記事