MooCowフラバールheader

MooCowフラバール

もうルールで迷わない!
フラバールバレーがさらに楽しくなる方法

フラバールにオススメの靴は?他競技の特徴から探す!

正式な表記は「ふらば〜る」ですが、本記事では「フラバール」と表記します。

皆さんはどんな靴を履いてフラバールをやっていますか?動きやすい靴を履いていますか?

本記事では、そんなフラバールにオススメの靴をご紹介します。

フラバールにオススメの靴は?

フラバールは、走る・飛ぶといった基本的な動作に加えて、変則的なバウンドに対応するために瞬発力も必要です。

フラバール専用の靴はありませんが、他の競技の特徴をフラバールにも活かしましょう。

以下で様々な競技の靴の特徴をご紹介します。

バレーボールシューズ

バレーボールシューズは、衝撃緩衝性、軽量性、柔軟性に優れています。

競技柄、ジャンプ動作時にかかる過度の荷重を分散・緩和するために、踵部の衝撃緩衝性を高く設定しています。

さらに、一瞬一瞬の状況に対応できるように、オフセット(前足部と踵の高低差)が高く設定されており、前足部は特に屈曲性が高いです。

オフセットが高いシューズの場合、爪先立ちに近い体勢をつくりやすいため、とっさの踏み込みをしやすいメリットがあります。

女性人口が多いため、単純な性能よりも足あたりの柔らかさに特化したシューズなど、履き心地を重視したモデルも多く存在します。

バスケットボールシューズ

バスケットボールシューズが特に優れているのは、グリップ感です。

体育館の床とのグリップ感を高めるために足裏全体が滑りにくくなっていて、前後左右の急な動きに対応しやすくなっています。

この高いグリップ感によって、フラバールの特徴であるワンバウンド後の変化に対応しやすくなるのでオススメです。

バスケットボールシューズは、前後左右方向への急加速でも足元がぶれにくくするために、足首やかかと部分のホールド性が高くなっています。

速度の緩急や急転回が多い競技のため、外側への倒れ込みを抑制するような工夫が為されていることが多いです。

ミッドカット、ハイカットが標準的で、足首をがっちりとホールドするモデルが主流になっています。

衝撃緩衝性、ホールド性、耐久性など、様々な性能が求められるため、他競技に比べて重い傾向にあります。

フットサルシューズ

フットサルシューズは、裸足感覚に近いダイレクトな接地感が特徴です。

ショートラン(軽量性・屈曲性)に特化しているため、縦横無尽に駆け回る機動的なプレーに向いています。

インドアシューズの中で、特に靴底が薄い傾向にあり、床をダイレクトに蹴り出すことができます。

他競技と比較すると足を守る機能に乏しく、長時間のプレーになると疲労が目立つことが難点です。

バドミントンシューズ

バドミントンは、軽量性、グリップ感に優れています。

前後左右、縦横無尽にコート内を激しく動き回るため、軽量化に重点を置いて設計されています。

さらに、他のシューズに比べ、靴底と床の接着面積を大きくし、グリップ力を強めに作られていることが多いです。

これは安全面で考慮された機能で、足の安定性とねんざのような怪我の防止に繋がります。

ハンドボールシューズ

ハンドボールシューズは、他競技のシューズに比べて、安定性や耐久性が突出して高いです。

最高速からの急激な切り返しやジャンプ、倒れ込みによる床との接触の多い競技性を反映しています。

「体の重心を調整する必要から、どうしてもスピードロスしやすいカットイン動作」を念頭にしているため、様々な状況下でもしっかりとした接地感を得られる。

反面、足を入れた瞬間の軟らかさ、前足部の柔軟性では、他競技のシューズに譲るモデルが多いです。

ランニングシューズ等ほど軽量化の要望は強くないため、複数の機能が搭載されているのも特徴です。

靴選びのポイント

足は個人差が大きいため、できれば試し履きをして足に合うことを確認しましょう。

フィッティングポイント

1.甲の幅・周り寸:幅、周り寸が合っているか。靴の一番幅の広いところが足の幅と一致しているか。甲周りはきつすぎないか、余裕がありすぎないか。

2.つま先:つま先に余裕があるか。つま先に余裕がないと足を痛めます。つま先にゆとりがあり、指が自由に動くかどうか。先端に5~10mm程度の余裕があるか。

3.土踏まず:土踏まずが靴のアーチラインに合っているか。下からの突き上げが無いか。締め付けも緩みもなく、触れるか触れていないかといった状態が望ましい。

4.かかと:かかとのカーブが靴のカーブと一致しているか。かかと全体が靴で軽く押さえられて安定しているか。かかと履き口が足に食い込んでいないか。かかとが足抜けしないか。

5.履き口:くるぶしが履き口にあたっていないか。外側のくるぶしにあたらず、ぴったりフィットしているか。

足のサイズを正しく測れてますか?

足は体重のかかり方等によって、サイズや形状が微妙に変化します。

足のサイズを測るときは水平な場所に直立し、両足を平行に開いて平均に体重をかけた姿勢で測ることが大切です。

靴を買うなら午後!?

人間の足は、朝と夕方ではおおよそ5~10mm大きさに差があると言われています。

これは、体重がかかりアーチ部がたるんできて、広がってしまうことと、立っていると血液が足へと下りてきてうっ血してしまうためです。

足の大きな状態である”午後”にシューズを購入するのがオススメです。

まとめ

今回紹介した以外にも体育館スポーツ用の靴はたくさんありますので、それぞれのスポーツの特徴を理解して、フラバールに適した靴を探してみましょう。

滑りやすい靴は思い通りに動けなかったり、怪我もしやすくなります。なので、こだわりを持って靴を選ぶことでパフォーマスも向上しますし、安全にフラバールを楽しむことができます。

皆さんもフラバールに適して、自分にあった靴を選びましょう。

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。

よく読まれている記事