MooCowフラバールheader

MooCowフラバール

もうルールで迷わない!
フラバールバレーがさらに楽しくなる方法

フラバールのオーバネット対処法!熱くなり過ぎていませんか?

正式な表記は「ふらば〜る」ですが、本記事では「フラバール」と表記します。

フラバールでは、主にアタックの時にオーバーネットを取られます。

そんなオーバーネットの注意点や対策をご紹介します。

フラバールにオーバーネットがある!

フラバールは、基本的に6人制バレーボールと同じルールの部分が多いので、オーバーネットもあります。

オーバーネットとは?

オーバーネットとは、手がネットを越えて、ボールや相手選手に触った時にとられる反則です。

つまり、ネットを越えなければ触っても大丈夫ですが、ネットを超えると触ってはいけないということです。

オーバーネットを取られるのが多いのはアタックの時です。

その中でも、トスしたボールが相手コートに入りそうになった時に無理にアタックをしようとして、ネットを越えて触ってしまう場合が特に多いです。

フラバールにブロックはないので、アタックなどでネット近くのボールを扱う時には注意しましょう。

審判の注意ポイント

審判をする時に気をつけたいポイントが1つあります。

フラバールのボールは大きいので、アタックの際にボールの一部が相手コートに入っていることがあります。

しかし、ボールに触れた時に、手がネットを越えていなければオーバーネットにはならないので、ボールの位置ではなくて触った時の手の位置に注意しましょう。

もうオーバーネットはしない

オーバーネットをしないための対策をご紹介します。

1つ目:手の平を上に向けて構える

ネットの近く、特にネットの真上で敵陣に入るか入らないか微妙なボールを押し込む際に、無理にアタックするとオーバーネットしてしまうことがあります。

そんな時にオーバーネットをせずにうまく相手コートにボールを押し込むには、手の平を斜め上に向けてネット近くで構えることです。

勢いよく押し込もうとするとそのまま手が出てオーバーネットになってしまう危険があります。

しかし、ネットの近くで手の平をお皿のようにして斜めに構えることで、自陣に返ってきても押し込めますし、敵陣に入った場合に無理に触りに行く必要も無くなります。

2つ目:熱くなり過ぎない

オーバーネットの原因として多いのが熱くなってしまうことです。

熱くなった結果、勢いよくアタックをしたり、いける!と思って無理にアタックをしてしまったりするためオーバーネットになってしまいます。

なので、熱くなり過ぎず、落ち着いたプレーを心がけましょう。

無理にリスクの高いアタックをするよりも、安全に返球して次の攻撃に備える方がいいと思います。

まとめ

今回は、オーバーネットについてご紹介しました。

  • 手がネットを越えて、ボールや相手選手に触れてしまうとオーバーネットになる
  • ボールの一部が相手コートに入っていても、手がネットを越えていなければオーバーネットにならない
  • ネットの近くに来たボールは、手の平を上に向けて構えて待つ
  • 落ち着いてプレーする

上記がオーバーネットのポイントです。

ネットを越えないように落ち着いてプレーすることでオーバーネットは防ぐことができます。

試合中、熱くなることはありますが、熱くなり過ぎないように注意しましょう。

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。

よく読まれている記事