MooCowフラバールheader

MooCowフラバール

もうルールで迷わない!
フラバールバレーがさらに楽しくなる方法

茅野市フラバール大会に参加してきた話【大会概要】

正式な表記は「ふらば〜る」ですが、本記事では「フラバール」と表記します。

2019年10月20日(日)に開催された『第18回茅野市フラバール大会』に参加してきました。

今回は、そんな大会の概要をご紹介します。

まだ大会に参加したことのない方は、公式戦のルールや試合の流れをこの記事で把握してみましょう。

茅野市フラバール大会について

茅野市フラバール大会は、市が主催している大会で、近年は年1回、10月中旬から下旬に開催されています。

場所は毎年同じで、茅野市運動公園 総合体育館で行われています。

令和最初の大会である今回は、茅野市や隣の諏訪市で活動しているチーム、合計10チームが参加しました。

大会は、10チームを3つのグループに分けてリーグ戦を行いました。

3では割り切れないので、3:3:4でリーグを分けて行いました。

各リーグで1位のチームが1位リーグとして集まり、優勝をかけて戦います。

1位リーグ以外のチームも交流戦を行います。

順位は、勝ち点>セット数>得失点差の順番で確認していき決定します。

もし、これらが全て同じ場合はジャンケンで決定します。

茅野市特有の大会ルール

今回の大会の中で地域ごとの違いがある部分や注意が必要なルールをご紹介します。

  • ネットの高さは2.0m
  • チームの人数は、最低6人
  • コート内に必ず1人は女性が入っていること
  • コート外の選手は左右どちら側で待機していても良い(ただし、事前に提出するローテーションの紙に明記すること)
  • 1セット11点先取でセット獲得(3セット目も11点マッチ)
  • 2セット先取で勝利
  • デュースなし
  • 得点が入るたびにローテーションする
  • いかなる場合も3回以内に返球しないといけない(3回目がネットに触れた場合、4回目を触れる権利は生まれない)

以上が注意すべき大会特有のルールです。

その他のルールについては、他の地域とも大きな違いはないと思います。

試合の流れを徹底解!

試合開始前

試合開始時刻になったら主審の合図で両チームはエンドライン(コートの1番後ろの線)に並びます。

次の主審の合図でネットまで移動し、ネットを挟みながら相手チームと握手します。

そして、最初のサーブ権を決める大事なジャンケンです。

このジャンケンは基本的に両チームのキャプテンが行うことが多いです。

ジャンケンに勝利したチームは、「サーブ権」か「コートの選択」どちらかを選ぶことができます。

ジャンケンに負けてしまったチームは、「サーブ権」か「コートの選択」どちらか残された方の権利を得ます。

サーブ権を選んだ場合は、最初にサーブ権を得ることができます。

コートの選択を選んだ場合は、好きな方のコートを選ぶことができます。

試合直前の軟打

ジャンケンが終わったら試合開始の前に、軟打を行います。

軟打とは、得点とは関係なくボールを打ち合い練習することです。

試合直前に行う最後のウォーミングアップです。

試合や審判が続くと空き時間にボールを使ったウォーミングアップをすることができない場合があります。

ですので、この軟打の時間にボールに触って感覚を取り戻すことが重要になります。

軟打は、時間や回数で区切りますが、今回の大会は2分間で区切られていました。

試合開始!第1セット

軟打が終わるといよいよ試合開始です。

審判から合図があったらサーブ権を得たチームのサーブから始めます。

その後は大会のルールに則って試合を進めます。

そして先に11点獲得したチームが第1セットを獲得します。

セットが終了したら、最初と同じようにエンドラインに並びます。

すると、主審からコートチェンジの合図があるので反対側のコートに移動します。

各セットの間に小休憩があるので水分補給や1セット目の反省から2セット目の作戦を立てたりします。

休憩が終わると第2セットの開始です。

第2セット

第2セットは、第1セットと逆のコートで行います。

サーブは、1セット目の最初にサーブしたチームと逆のチームが行います。

その後は第1セットと同じように大会ルールに則って試合を進めます。

先に11点獲得したチームが第2セット獲得です。

この時点で片方のチームが第1・第2セット両方を獲得している場合、2セット先取したことになるので試合終了です。

しかし、各チーム1セットずつ獲得している場合、最終第3セットを行います。

第3セット

第3セットは、再度サーブ権を決めるジャンケンから始まります。

試合開始前と同じように、ジャンケンに勝ったチームが「サーブ権」か「コートの選択」を選ぶことができます。

サーブ権、コートの選択が終わったところで第3セット開始です。

これまでと同じように先に11点獲得したチームが第3セットを獲得することができます。

第3セットを獲得したチームは合計2セット獲得したことになるので、試合終了になります。

試合終了

試合が終了したらエンドラインに並びます。

主審の合図でネットまで移動して、相手チームと握手をして「ありがとうございました」と挨拶をして1試合が終了となります。

まとめ

今回は、第18回茅野市フラバール大会の概要についてご紹介しました。

来年、茅野市の大会への参加を考えている人や、別の地域の大会への参加を考えいる人は参考にしてみてください。

地域ごとの違いや、茅野市のルールが改正されることもあるため、実際に参加される際は注意しましょう。

運営者

プロフィール
牛くん

MooCowスタジオ代表

工業高校卒業→大手企業(製造業)に就職→3年2ヶ月で退職→中小企業(IT系)に就職→1ヶ月で退職→起業

普段はWebライティングの受託、メディア運営を中心に活動をしています。

よく読まれている記事